日本産の高級な「ウニ」は台湾でも大人気です。

台湾でもそんな「ウニ」が「澎湖島」で採れるそうです。ウニ漁は7月1日に解禁され、7月と8月の2カ月だけ漁が許されています。海産資源の維持が目的であり、漁期の制限の他にも、8㎝以下のものは捕獲禁止等の厳格な管理がされています。


WS000481


私は日本人ですが「ウニ」の知識は全くありませんが、台湾の澎湖島」で採れるのは「馬糞海膽」と言っていますから、これは私達が言う所の「バフンウニ」なんでしょうね。

この時期に澎湖島」に行かれる方は、台湾のウニを賞味されては如何でしょうか。

それでは以下の華視新聞の動画をご覧ください。