華視新聞のニュースを見ていて、台湾ならではの感じがしたのでご紹介します。

私達の台湾のイメージは「南国」ですから、冬の代名詞の「鍋」と台湾とはあまり結びつかないのですが、実際は台湾の人々は鍋が大好きです。

日本と比べると一家だんらんが好きな台湾ですが、こと鍋になると大勢で囲む鍋以外にも、「一人用の鍋」だって滅茶苦茶普及しています。とにかく人が集まっては鍋を食べ、1人しか集まらなくても鍋を食べるのです。

かなり脱線しましたが、今回のニュース内容を始めます。

台湾の食材には何と「火鍋料(鍋用の材料)」なるジャンルがあります。日本ではあまり聞いたことがありませんが、参考までに「火鍋料」でネット検索してみると以下のような写真がヒットしました。

ZxohiL-6


日本で言えば、「おでん」に入れるようなものや、「餃子」のようなものや、「肉団子」のようなものや、「カニカマ」等が、台湾では「火鍋料(鍋用の材料)」と認識されているんですよね。


実際に「火鍋料」を鍋に入れたところのイメージは以下の写真なのですが、今回のニュースで真剣に議論されているテーマは「鍋に入れるカニカマのフィルムは外すべきか否か」なんですねえ。我々日本人にとっては、フィルム云々以前に、「えっ、カニカマを鍋に入れるの」の次元ですが・・・

WS003281


私自身も何度も台湾で経験したことがあるのですが、偶には透明のフィルムがそのまま付けられたカニカマが煮てあることもあり大変驚かされました。

あまりにも信じられない光景だったので、「これはきっとフィルムではなく、薬を飲む時のオブラートみたいなものに違いない」と気を取り直して、恐る恐る食べてみたこともありましたが、勿論食べれませんでした。

どうやら台湾人でも、この現象に疑問を抱いている人がいたようで、私の長年に渡る胸のつかえが取れたので今日は嬉しい日でした。

番組では理科の先生も登場し、「フィルムを煮ると、体に悪い化学物質が溶け出す危険性がある」なんて真剣な顔をして問題点を指摘しています。番組の結論としては、「カニカマはフィルムを外してから煮た方が良い」でした。ははは、「そんなん当たり前やん」ですよねえ。。。。。

日本では絶対に議論にならないようなテーマですが、台湾と日本のお国柄の違いが感じれて面白い話題でした。

ちなみに、台湾の名誉の為に言っておきますと、日本人的に見れば不思議な材料を入れた台湾の鍋ですが、食べてみると意外に美味しいですよ。私は散々文句を書いてきましたが、実は滅茶苦茶好きです。オデンの材料みたいなヤツが当たった時は逆に嬉しいくらいです。カニカマだって得した気分です。以上。


それでは以下の動画もご覧ください。