「淡海軽軌」が開通し、2日目も多くの人が訪れて、少なくとも1時間の待ちが出たようです。

車両のドアは乗る人が自分でボタンを押して開ける必要があり、また一定の時間が過ぎると自動で閉まる為に、慣れない乗客がドアに挟まれる現象が頻発したようです。

更に一部の乗客からは、駅にトイレがないのが不便だとの声も聞かれました。「淡海軽軌」は「軽」という名前からもわかるように、比較的簡素な設備であることが主旨なので、11の駅のうち1駅しかトイレが設置されていません。

それでは以下の東森新聞の動画をご覧ください。