台北市立動物園のパンダ「團團」は歯に異常が見つかり、治療を受けました。

歯髄も露出して感染の恐れもあったために、歯の治療をするとともに特製の銀歯を製作して歯に被せました。團團」は世界でタダ一頭の銀歯をもつパンダとなりました。