今日のりんご日報(Apple Daily)

2005年に始めた台湾の新聞「りんご日報」の記事をご紹介するブログ。自称「日本で一番りんご日報を読んでいる日本人」。最近はビックリするくらい台湾の人気が上がっているので喜んでいます。そうそう、最近は「りんご」以外でも「台湾面白情報」ならば片っ端から翻訳していきますので宜しくお願いします。 

台湾関連のブログランキングに参加しています。宜しければ、清き一票、バナーをワンクリックお願いします。^^) 
台湾旅行 ブログランキングへ


台湾の小学校の作文の授業の伝統的な課題の一つに「我的媽媽(私のお母さん)」というのがあります。生徒の作文から先生は家庭の状況を理解するわけですが、最近の生徒の描写は「超直接」だそうです。


ある3年生の作文では以下のように作文しました。

「我的媽媽像隻大猩猩,(私のお母さんはオラウータンみたいです。)

手粗腳粗,臉跟身體都很大(手は太いし足も太い。顔も体も全て大きい)」


この作文を見て、先生は「哭笑不得(泣くに泣けず笑うに笑えない)」で、お母さんは「臉上出現三條線!(額に皺を寄せてしかめっ面)」です。

三條線って初めて見る表現ですし、検索しても意味不明でしたので、「眉間にしわを寄せる」と推測してイメージで訳しました。



他の生徒の作文では、

「媽媽的年紀越來越大,身材卻越來越胖(お母さんの年齢はだんだん老いてくるし、体もだんだん太ってきます)」。「越〇越△」の構文を使った典型的な作文ですが、内容はお母さんが見たら怒りそうですね。



あるお母さん曰く、

「女兒就直接寫出說,爸爸到家之後一會滑手機、一會睡覺,真是一個懶惰的爸爸!(娘は直接的に言うのよね。お父さんは家に帰ってからはスマホばかりで、しばらくして寝る。本当に怠け者のお父さんと)」


他人にとっては、子供達の回答は全て噴飯ものですが、当事者のお父さんとお母さんたちは眉間に皺をよせます。先生たちは「子供達の表現って直接的ですね」としか言えませんが、またそれが両親の心を傷つけています。


 



以上、TVBS新聞でした。


UFOキャッチャーで「野菜をつかむ」ものが登場したと昨日ご紹介したばかりでしたが、更に新手が登場しました。今度は果物です。オレンジ、レモン、パッションフルーツ等が入っているようです。

 


これだけの話題ですが、次は何を「つかませる」のでしょうかね?



台湾元と日本円の為替レートが良くなり、日本から食材を輸入する日式レストランのコストが下がり、お店で出される定食の価格も安くなっているそうです。

例えば、30cmを超える様な巨大老虎蝦套餐(エビフライの定食)は昨年580元だったところが、今では530元となり、約9%安くなりました。

 WS001124

 


インタビューされている人は「以前は1カ月に1回しか来れませんでしたが、これからは2回か3回かは来れますね」と答えていました。確かに安くなったとは言え、9%程度下がっただけですから、2回も3回も来たら全然割に合わないと思いますが。インタビューなので気分が大きくなったのかなあ?

https://www.youtube.com/watch?v=9EBv_-5A-IE&t=38s




統計によると台湾にあるカフェは1万軒を超えており、これは巴黎(パリ)よりも密度が高いそうです。コーヒーの市場規模は700億元近く、今回ご紹介するプレミアムなカフェーは、16種類の台湾産の高級コーヒーを集め、コーヒー専門家が淹れてくれるそうで、台湾コーヒーが持つ独特の香り、酸味が味わえるそうです。




台湾はトロピカルな気候ですから、コーヒー豆の栽培も出来るようで、戦前には皇室にも献上されるようなコーヒーも生産されていたようです。戦後はコーヒー栽培が廃れたようですが、今では高付加価値のプレミアムなコーヒーの生産をするところも徐々に増えてきているそうです。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/6888



随分前になりますが、私自身も台湾産のコーヒーを見たくて、出かけたことがありました。

http://takeshima.ldblog.jp/archives/50621736.html


日本のNHKの「紅白歌唱大賽(紅白歌合戦)」の出場者が昨日発表されました。

韓国のアイドルグループであるTWICEが初出場することになりましたが、このグループのメンバーの一人の周子瑜は18歳の台湾人です。

紅白に出場した台湾人は過去には「歐陽菲菲」、「鄧麗君(テレサテン)、「黑色餅乾的徐若瑄(ブラックビスケットのビビアン)」と3名おり、周子瑜は4人目の台湾人となりそうです。

WS001123

彼女は韓国のCMでも大活躍のようです。



 


今回の記事の内容は、「消防猛男美女又來了!」です。

新北市消防局は今年も「消防猛男美女」のカレンダーを製作したようです。

このカレンダーは非売品で、昨日の発表会に参加して、9月~11月に発行されたレシート30枚を提出するとカレンダーがもらえたようです。1人1冊で、限定30冊だったようですね。

地點:新北市政府1樓東側大廳
時間:2017/11/16上午10時
兌換方式:
8時30分開始開放排隊,9時30分開始受理兌換作業,集滿30張以上9-11月發票即有機會兌換月曆1本,1人限換1本,限量30份;前3位加贈神秘小禮物
成功兌換者會先拿到號碼牌,等到發表會結束後才開始領取月曆歐

WS001117

WS001118

WS001119

WS001120

WS001121

WS001122





今回のニュースのタイトルは、

 「國人特愛鮭魚 麥當勞明太子海陸堡回來了(台湾人はサーモンが大好き。マクドナルドの明太子海陸バーガーが帰って来た)」

台湾人はサーモンが大好きなようで、マクドナルドのメニューが大人気です。

明太子海陸堡(明太子海陸バーガー)って、「海」がサーモンのフライで、「陸」がハンバーグで、それに明太子ソースをかけたもののようです。






早速ネットで調べてみました。単品で93元(約350円)、セットで139元(約520円)のようです。



WS001114



台湾の今日の天気は良くて気温も上がるので半袖の人もいそうな天気です。但し、週末は天気も悪くなり気温も下がりそうです。

WS001113



 


以上、東森新聞でした。


台湾の「泡麵市場(インスタントラーメン市場)」では、「種類乾伴麵的比重(乾伴麵の比率)」が「明顯比過去增加(過去と比べると明確に増加)」しています。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52203771.html

台湾製の「乾伴麵(出来た後で湯を捨てて調味料と和えるタイプ)」の新製品が増えるだけでなく、日本や韓国からの輸入品も増えており、今回のニュースは3つの比較分析をしています。

WS001111

麺のQ度(コシ)については、
日本製は普通で、韓国製は固く、台湾製は柔らかいとの評価でした。
茹で時間については、台湾製の茹で時間に2分追加すると日本製の茹で時間となり、韓国製は更に2分追加。

味付けについては、
日本製は塩辛く、韓国製は味が濃く、台湾製は脂っこくて香りが強い。


WS001111


市場占有率は、台湾製が全体の5割を占め、韓国製が4割近く、日本製が1割強です。韓国製は日本製より価格が安い点が受けているようです。

おっ、この資料のタイトルが面白いですね。「泡麵三国演義(インスタントラーメンの三国志)」ですって。^^


WS001112


それでは、動画もご覧ください。

 


以上、東森新聞でした。


台湾で一番高い山である玉山(3952m)の映像がありましたのでご紹介します。

 


ここは日本の植民地時代には「新高山(にいたかやま)」と呼ばれ、日本一高い山であったものです。当時は富士山が一番じゃなかったのです。

日本では3000mを超える山は富士山だけが飛びぬけていて、後は3000mを少し超えるくらいの山が幾つかある程度ですが、台湾には3000m級の山が何と200以上あるそうですから、高山という意味では台湾の方が遥かに凄いです。

https://www.okimoto-guide.com/gyokuzan


富士山すら登った事ありませんが、玉山は機会があれば一度登ってみたいですね。


南投の國姓鄉にある樹齢300年以上の神木の話題です。

木の中は空洞が出来ていますが、ある角度から空洞を覗くと、何とその空間が台湾の形にソックリだと気が付いた人達がいました。そして曰く、300年の神木は「超級愛台湾(台湾を超愛してる)」。

WS001107







以上、華視でした。


 


台湾では「夾娃娃機(UFOキャッチャー)」が大流行しています。この種のお店は、開店する為の費用は低く、場所に機械を置いておくだけで良く、無人で24時間稼げて利益率も高いという理由から急速に増えているらしい。

即ち、業者間の競争も激しいので、珍しい企画を考える業者もいます。今回ご紹介するものは、ぬいぐるみではなく、野菜が景品として入れられています。

この手のゲーム機で遊ぶのは若者が多いと思いますが、台湾の若者にウケるのは少し不思議な現象な気がしますが、どうでしょうか。


 


以上、自由時報でした。

巷では「女兒是爸爸上輩子的情人(娘とはお父さんの前世の彼女)」とも言われ、娘が嫁に行く時は、「當爸爸的心中一定是滿滿的不捨(お父さんの心中は惜しむ心で一杯)」なんです。

ある人がネットに書き込みをしました。

お父さんが「總鋪師」である女性の先生の流水席(披露宴)に参加した時の話です。

宴会のメニューは素晴らしく忘れがたいものでした。「每一道菜色都充滿新娘父親的父愛(全ての料理には父親の新婦に対する愛で満ち溢れている)」であり、彼女は「這就是前世情人給女兒最好的禮物!(これは正に前世の彼女が、娘に贈った最高のプレゼントだわ)」と唸りました。 


メニューは、タラバガニ、アワビ、刺身、イセエビは出るし、カラスミはスライスではなく、丸ごと炙ってそのままドンと出てきます。それも3本も。果物は3段重ねで、お持ち帰り用の容器まで準備されている。デザートも10種類のものから好きなものを取ればよい。 




台湾には「辦桌」という習慣があり、結婚式の宴会や廟の宴会等を外にテーブルを並べて行い、料理もその場で作って出す習慣で、その会場設営、調理道具設営、料理、撤収と最初から最後まで仕切る親方が「總鋪師」です。そりゃお父さんが「總鋪師」なら、最高の料理が出てくるのは当然ですよね。

WS001106


最近は台北のような台湾北部の都会では、宴会はホテルやレストランで行うようになり辦桌」はほとんど見られなくなったそうですが、台湾の南部では今でも辦桌」の習慣が見られることがあるそうです。私は南部に行くことが多いので、何度か参加したことがあります。

「總鋪師」と言えば、私は「祝宴! シェフ」の映画が思い浮かびます。この映画は私が大好きな台南で撮影されたものであり、主人公の娘の実家の場面の撮影は何とマルやんのビンロウ店のすぐ近くで行われました。日本でビデオレンタルでもあるはずですから、ご興味のある方は是非ご覧ください。





最近日本で話題となったサントリーの新製品である「透明なミルクティー」ですが、台湾のインターネットの「代理購買サイト」でも人気商品となっていました。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52201655.html

「超市(スーパー)」がその商機を見逃すはずはなく、ついに台湾のお店でも商品が登場し、「不少民眾搶購(多くの人が競って買っている)」そうです。

次に台湾に行くときの良いお土産が出来たと喜んでいましたが、台湾で売り出したなら、わざわざ持って行く意味がなくなりましたねえ。残念です。




以上、東森新聞でした。



日清のチキンラーメンについての話題が、台湾のニュースにも取り上げられていたのでご紹介します。



日清系列泡麵在日本一向是國民品牌(日清のインスタントラーメンは日本では国民的ブランドです),

找來親和力十足的新垣結衣拍廣告後(親しみある新垣結衣をCMに起用した後),

國民泡麵的形象更加深植人心(国民的インスタントラーメンのイメージは更に人々の心に刻まれた),

不僅廣告點閱率始終居高不下(CMの視聴率が高止まりだけでなく),

現在更連NHK都宣布(今ではNHKですら宣言した),

今年秋季要為日清創辦人安藤百福拍攝連續劇(今年の秋には日清の創始者である安藤百福の連続ドラマを撮影すると)。

 


日清の創始者と言えば、台湾の人でしたよね。 確か台南の意麺にヒントを得て、最初のインスタントラーメンであるチキンラーメンを開発したとか。こりゃ台湾の食文化に感謝しないとね。






以上、年代新聞でした。




私達は南国台湾に大らかなイメージを持っており、実際に大らかな事が多いですが、時には台湾も妙に細かくなったりする時もあり、その辺の妙も面白いです。

今回の話題はポッキーの単価についてです。

「大袋のポッキー」と「箱入りのポッキー」の1本当たりの単価を計算しています。そうして「大袋のポッキーが箱入りより何時でも安いとは限らない」という結論を導き出しました。

まあ当然と言えば当然な事ですが、お店のプロモーションによっては「大袋」が安売りされて、単価が「箱入り」より下がる可能性は経済の原則からありえることですよね。

従い、ニュースの最後では「ポッキーを買う前に、よく計算して考えましょう」なんて推奨しています。

日本でポッキーの単価についての話を聞いたことないし、少なくとも私は気にしたことは無いですねえ。


 



以上、TVBS新聞でした。


ビビアンの動画がありましたのでご紹介します。

記者会見では、「林志玲の復縁」や、「旦那の財務問題を助ける為にビビアンが多くの仕事を入れて疲れている?」の類の質疑応答をしていました。

記者からの後者の質問に対するビビアンの回答は、落ち着いていて立派でしたね。流石です。

「皆様に心配頂きありがとうございます。仕事上の話は私も良く理解していません。また彼に替わり多く話すことも適切ではありません。私が知っているのは、彼は非常に努力する人で、親孝行な人です。きっと上手くいくと信じています。私は14歳から働いています。私の人生計画では、もともと仕事を辞める予定はありません。70歳までは働くでしょう。私の仕事量が多いとは思いません。メディアは色々と書いているが、仕事は以前と比べると半分以下ですよ」

 


以上、TVBS新聞でした。





小羽 25歲
地點:台北市西門
身高:162cm
體重:50kg
星座:水瓶座
興趣:看電影、聽音樂


WS001105


台湾のレストランのメニューに付けられている英語名の中には凄いものもあります。

今回のニュースのタイトルは、「超狂英文菜單!  神翻譯(超クレージーな英語メニュー。神翻訳だ)」です。

1.このレストランのメニューのエノキ茸には「Tomorrow see」という英文名が付けられていました。エノキの中国語は「金針菇」ですから、Golden needle mushroomと滅茶苦茶訳すのかと思いきや、Tomorrow seeですから、かなりのウルトラCな翻訳です。全く何のことかサッパリ想像もつかないですよね。ニュースの解説によると、「エノキを食べると、消化されずに次の日の朝にトイレでご対面できるので、Tomorrow see」という事みたいです・・・・・・
WS001101


「明天見」だって。Tomorrow seeを中国語に戻すと「明天見」。

WS001100



2.台湾には「大陸妹」と呼ばれる野菜があります。この野菜にはChina Girlという英文名がつけられています。台湾で大陸と言えば、中国の意味ですから、そこからChinaという英語を思いついたのですね。きっと。

WS001103


3.「炒水蓮」という料理の英文名については、また凄いです。

I can't find on google but it's delicious(グーグルで見つけられなかったけど、でも美味しいよ)だって!!!  なめてるの?


WS001104



ちなみに、以上の3つの正しい英語訳は以下の通りだそうです。


WS001102



このニュースを見ていて、私が昔マカオのレストランで見つけた超クレージーな英文メニューの事をフト思い出しました。

http://blog.livedoor.jp/appledaily-macau/archives/52313604.html



それでは、動画をご覧ください。

 



以上、民視でした。


さて今日の天気予報をご紹介します。台湾には色々なタイプの天気予報があるようで、今日ご紹介するものは、キャスターが「ダラダラ」と大まかな天気概況の説明に終始するもので、各地の天気や降水確率のような情報はありません。




今天還是受到東北風影響,迎風面的基隆北海岸、北部山區及宜蘭地區、降雨情形較為持續外,北部平地及花東降雨趨於緩和、天氣逐漸回穩,而中南部大致為多雲到晴的天氣,氣溫也因此回升,高溫皆有機會來到25度以上,中南部甚至能達到29、30度,感受上稍微偏熱。

今日も東北の季節風の影響を受け、基隆北海岸、北部山区、宜蘭地区では雨は続くものの、北部の平野部及び花東地区では徐々に弱まり天気は回復するでしょう。中南部では曇りのち晴れの天気となり、気温も上昇するでしょう。25度以上の高温となる可能性もあり、中南部では軽いフェーン現象の影響で29度、30度まで上がる可能性もあります。


 以上、中華電視でした。


台鉄にはホームに入る為の「月台出入証(ホームへの入場証)」というものがあり、無料で発行されるようです。私は知りませんでしたが、優しい制度ですねえ。日本なら入場券を買わないと駅に入れませんから。

WS001098



今回のニュースは、その「月台出入証」は現状3時間有効のものだそうですが、早ければ来年の1月から規定が変わり、有効期間は1時間に減少され、且つ時間を超過すると15元を徴収するというものです。

WS001099


台鉄も昔は入場券を販売していたそうですが、数年前に立法委員が「台鉄は入場券で年間900万元も得ているのは正しくないのではないか」と改善要求し、台鉄は入場券の販売を止めた経緯あります。台湾の議員さんって、結構色々と細かい事まで頑張っているのですね。

中壢、台中、嘉義、台南、高雄、宜蘭、花蓮等の7つの駅については、前駅から後駅への通行の需要が多く、「月台出入証」を元の場所に返すことが難しく、その発行はされておらず、今でも6元で入場券を販売している例外もあります。


日本の「越光米(コシヒカリ)」を改良して、「台南16号」という新しいお米を作るのに成功し、台湾市場で良く売れているそうです。専門家の解説によると、お米の95%は日本のコシヒカリと同じで、残り5%が台湾で栽培することによって変わる要素だそうです。

この新しいお米は、食べた時の食感が良いだけでなく、見かけも綺麗で、更に値段も安いそうです。ちなみに日本から輸入されるコシヒカリは1.5kgで約400元だそうですが、この台湾の「越光米(コシヒカリ)」は1.5kgで225元とおよそ半額の値段です。

次に台湾に行った時には、是非食べてみよう。

 


アメリカのトランプ大統領を招いた国宴のメニューについて先日ご紹介しておりました。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52203779.html


今日はネットで中国の国宴に関する動画を見ていて、幾つか気づいた点についてシェアしておきます。


1.私は、トランプメニューが意外に庶民的なのに驚きましたが、基本的に中国の国宴のメニューは見るからに豪華な料理ではないそうで、その意味では驚くべきことではなかったようです。最高の料理人が最高の食材を最高の業で料理するのは勿論の事です。

2.トランプ宴会のメニューが四川料理に偏っていたのに驚きましたが、その点はやはり特別な選定だったようです。伝統的に中国の国宴は淮揚菜(淮揚料理)がベースとなるそうです。

淮揚菜が選ばれる理由としては、

① 外国人には四川料理や湖南料理の「麻辣」が苦手な人が多い。
② 外国人にはネギや生姜が苦手な人もいる。宗教的に豚肉が食べれない人もいる。ベジタリアンもいる。そのような食材の制限が多い。
③ 国宴に招かれる人は年齢が高い人が多い。即ち、脂っこいもの、辛いもの等は消化に悪い。

以上のポイントを考慮すると、アッサリとした味付けで、包丁技術に優れ見栄えも良い淮揚菜が過去の国宴では主要なメニューを占めて来たそうです。それからすると、今回のトランプメニューは、四川料理の中でも辛い料理である「水煮東星斑」等が入っていたのは異例の事ですよね。何かトランプ大統領自身が辛いものが大好きとかの背景があったのでしょうか?

ちなみに淮揚菜については以下をご参照方。


http://www.togenkyo.net/modules/food/366.html


それでは今回の動画をご覧ください。

 


うわ~、これいいなあ。 台湾語の名曲5曲を、阿卡貝拉(アカペラ)でカバーしたものです。

台湾語なので、サッパリ聞き取れませんが、こんなのをカラオケで歌えるようになりたいですねえ。


 



以上、TVBS新聞でした。

興味深いニュースを見たので、ご紹介します。

日本は2019年から、海外に出国する旅客に対して出国税を徴収する事が決定しており、立法委員が「台湾も日本と同じようにしてはどうか?」と交通部長に質問したらしい。

交通部長の回答は、「現状は既に旅客から500元を空港使用料として徴収しており、その大部分を観光関連に使用している。それについて3か月以内に評価報告をする」と回答しました。

ニュースによると、日本以外にも韓国・香港・オーストラリアには出国税があるそうです。

WS001095

WS001096



私は日本人だし、更に頻繁に出国している人ですが、「出国税」なるものの議論を全く知らなかったので驚きました。また、日本の事を台湾に教えられました。早速調べてみると以下の記事を見つけました。


「出国税」は本当に要るのか(2017年10月1日 日経新聞)    

観光庁が訪日外国人を増やすための財源を確保しようと「出国税」を検討している。本当にこんな税金が必要なのだろうか。

訪日客は2016年に2400万人を超え、過去最高を更新した。政府は20年に4000万人、30年に6000万人に増やす目標を掲げている。

地方では複数言語による観光表示や通信環境が整っておらず、外国人が観光しにくいといった課題がある。それらを克服して「観光立国」をめざし、日本経済の活性化につなげようという発想は理解できる。

出入国手続きを円滑にするためのインフラを整えたり、出入国管理にあたる職員を増やしたりする必要もあるだろう。ただ、その手段として出国税が妥当かどうか。冷静に検討する必要がある。

仮に日本人も外国人も、日本を出国する際に1人あたり千円を税金として徴収すると、約400億円の税収を見込めるという。いまの観光庁予算の約2倍を確保できる計算だ。

日本の財政事情は厳しい。もしも観光予算を増やそうというのであれば、国土交通省の公共事業などの予算を削り、その一部を充てれば済むだけの話ではないか。

出国税と似た税金や手数料は外国でも例がある。もしも日本で出国税をつくろうというのであれば、ある特定の歳出のためだけに使う特定財源とはせず、一般財源として財政健全化にも活用できるようにすべきだ。

最悪なのは、増税して無駄遣いをすることだ。観光振興を名目に従来型の公共事業に振り向けてはならない。たいして効果のない広告や宣伝にお金をばらまくのも論外だ。


日本ではいったん制度を導入すると既得権益が生まれ、必要性が薄れてもなかなか廃止できずにいる例が多い。特定財源はその象徴でもある。出国税をつくるならば費用対効果を不断に検証し、一定期間後に見直すことを義務づけるべきだ。




以上の、日経の記事を見る限り、日本でも出国税の検討を開始したが、まだその結論は出ていないように見えます。但し、台湾で議論されるくらいですから、ひょっとして最新の情報では決定したのかも知れません。

いずれにしても税収が足りなければ、どこかから徴収すべき点については賛成ですが、今回の出国税の目的が「訪日外国人を増やすための財源の確保」であるので、今一つ納得できないですね。

お国がインバウンドで潤うのは良い事ですし、どんどん増えて欲しいですが、それは「国全体で担うべき事」であり、何故海外に出国する日本人や、海外へ帰国する外国人だけに絞って税金を徴収するのか理解できませんねえ。

「海外に行けるくらいだから、お金に余裕があるのだから少しくらい払いなさい」の議論はおかしい気がします。



 



以上、東森新聞でした。


最新の動画ではありませんが、面白かったのでご紹介します。

台湾人の「舌打ち」と「はぁ~」という相槌についてです。その習慣は日本人の持つニュアンスと違うもので、日本人には誤解されてしまうので、日本人の前では止めたほうが良いらしい。

 


私は台湾での経験が長すぎて、このあたりの感覚が麻痺しているので、こんな指摘は凄く新鮮です。



加拿大總理杜魯道(カナダのトルドー首相)は、東協高峰會(アセアンサミット)に参加する為に菲律賓馬尼拉(フィリピンマニア)を訪問中ですが、突然ファーストフードレストランに現れ、大歓迎を受けたというニュースです。

良く見ると、私も大好きなフィリピンが誇る「ジョリビー」ですね。今回のニュースではファーストフードチェーンと書かれているだけで店名はありませんでしたが、「ジョリビー」を中国語に訳す時にどんな漢字を使うのか興味あります。


 


以上、年代新聞でした。


台南で撮影された動画が今回の話題です。

女性が両手で携帯電話を持ちながらバイクを運転している姿が動画で映されています。

「えっ、この娘はどうやってバイクを運転してるんだろう?  アクセルが握れないのでバイクは走れないはずだけど????」

おまけに良く見るとヘルメットのベルトも締められていません・・・・・

交通管理局によると、携帯電話の操作は1000元の罰金で、ヘルメットのベルトも同じように罰金対象だそうです。


 



以上、東森新聞でした。

ネット上で行われた「炸雞(フライドチキン)」の人気投票の結果をご紹介します。

 


最近凄い人気だと聞いていた「胖老爹」が1位かと思いきや実は3位でした。

WS001094


① 拿坡里義式炸雞(ナポリイタリア式フライドチキン)
② 炸雞洋行
③ 胖老爹,
④ 德克士脆皮炸雞
⑤ 肯德基


①はピザ屋さんが売るフライドチキンのようです。





②は台南の国華街のお店でKFCのように圧力鍋で揚げているらしい。国華街については詳しいつもりでしたが、このお店の事は知りませんでした。次回行ってみよう。




④は中国からきたフライドチキンチェーンのようです。




⑤は説明不要ですよね。


台湾中で「天空歩道」の建設が大流行です。高い場所に、見晴らしの良い歩道を作ったり、長い吊り橋を掛けたりと、「天空商機」に観光客誘致を期待しているようで、2017年時点で21か所にも建設されています。但し、開業時期に多くの人が押し寄せた後は、観光客数は激減することも多く、また自然環境破壊の問題も心配されています。

さて、そんな「天空歩道」のうちの1つをご紹介します。これは嘉義県の「太平雲梯」で、嘉義県は天空歩道が8か所も集中している天空歩道のメッカでもあります。

宣伝ビデオに登場する強烈そうなオバサンは、どこかで見たことあると思いましたが、嘉義県長でした。






なるほどねえ。おのオバサンならこれくらい朝飯前ですね。過去にも色々と面白いことしています。今回は少し嘉義県長に注目して見ました。


前行政院長が辞める前に嘉義に来た時には、「毛生え薬」をプレゼントしてました。前院長の髪の毛は少なくなってきており、流石に照れ笑いしてました。





行政院長になり台北に向かう頼清徳を新幹線の駅で見送る際に、何故か卵をプレゼント。
「アメリカには核ミサイルがあり、中国には弾道ミサイルがある。私は卵を贈る」なんて訳のわからない事を言ってます。「蛋蛋(たまご)」には男性の一部分の意味もあるので、そんなものを贈って大丈夫かなあ。




彼女の若い頃の写真も話題になりました。


 


日本の大食いユーチューバーの木下ゆうかさんが台北市から招待された話題を前回ご紹介しましたが、当然ながら台湾で大食い動画を撮影するものと期待していたものの、しばらく忘れておりました。

http://higashi2005.dreamlog.jp/preview/edit/3852f04ac5808e2f7685db9b113ee60e 


本日ふと思い出して見てみたところ、色々とあるじゃないですか。^^

それではご紹介します。


(鼎泰豊を100個)




(台湾風の居酒屋)

熱炒じゃないですか。素敵!!!




(夜市メニュー)




(西門町)

西門町だなんて懐かしい。鴨肉扁まで出てくるぞ。





(上の台湾風居酒屋に出てくる台湾人ユーチューバー千千さんの番組に出演)

千千さんって、台湾のクルクル寿司で100皿食べてた人ですね。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52202609.html





彼女は台湾に何日間滞在していたのか知りませんが、そんなに長い期間じゃないでしょうから、一般人なら、これだけでも食べるのは大変ですね。



1年に2度だけ、ビルとビルの合間に太陽が沈む風景が見れる場所が高雄にあるそうで、マンハッタンみたいと評判です。

一昨日は丁度そのタイミングでしたが、何と高雄市は道路を3時間封鎖して、それを見に来た人達の便宜を図ったそうです。残念ながら今回は、曇り空で沈む太陽は見れなかったようですが、高雄市はこれに懲りず、また次の機会には挑戦するようです。

 



以上、中華電視でした。

WS001084

さすが「りんご日報」です。芸能ネタであろうとも、大衆が注目するものには、栄えある一面でお伝えします。

林志玲と言承旭(Jerry)の2人は分かれて11年となりますが、馬來西亞(マレーシア)の新聞「中國報」が、先週の金曜日に二人がクアラルンプールのマンダリンオリエンタルホテルにいる情報を察知し、昨日は二人がジムにいるところの写真がネット上で拡散しました。

昨日も関連ニュースをご紹介しましたが、この写真を見る限り、間違いなく本人達のように見えますねえ。

WS001085


それでは「りんご資料室」からの情報を見てみましょう。彼らの過去の経緯が簡単にまとめられています。

WS001086



2002年初め:言承旭(Jerry)が有名になる前であった林志玲と映画を見に行くのを週刊誌に撮られる。

2003年9月:二人は深夜に廟に行き家に帰るところを撮られる。

2005年2月:林志玲は携帯電話を修理に出す。そこから二人がお風呂で抱き合っている写真が流出。伝えられる所によると、言承旭(Jerry)は電話で林志玲を罵り、泣かす。そして彼は公然で「何もない。私達は兄妹だ」と発言し、関係が急速に冷える。

2005年7月:林志玲は大連で落馬し、骨折。言承旭(Jerry)は病院に見舞いに行く。そして翌年分かれる。懐かしい。私が「りんご日報」のブログを始めたのは、この頃です。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/51520811.html

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/51520992.html


2009年6月:言承旭(Jerry)は番組で、彼女は凄く良いと褒め称えたので、後悔しているのではと見られた。


2015年12月:林志玲が復縁について質問され、「彼に聞いて」と回答。言承旭(Jerry)はマネージャーを通して、「私も皆さんとめでたい瞬間をシェア出来る事を期待しています」と発言。

2017年5月:言承旭(Jerry)はプロ野球の始球式で、復縁について「それは彼女による」と発言。



それではご両人のプロフィールです。


WS001087

林志玲 42歲

●身材:174公分/52公斤 三圍34C、24、36
●學歷:加拿大多倫多大學西方美術史、經濟學雙學位
●身家:大中華區品牌代言1000萬元,戲劇1集80萬元,年收入破億元
●緋聞:馬桶小開邱士楷、殷琪外甥楊仁沛 


WS001088

 

言承旭 40歲

●身材:180公分/72公斤
●學歷:協和商工畢業
●身家:廣告酬勞8位數,2012年收入曾破1億元,近年影視產量減少
●緋聞:女模張熙恩、混血女模池間晶子


おっ、過去に浮名を流した女性として書かれている「混血女模池間晶子」って何者? 探してみました。こんな人みたいです。


 


前に一度ご紹介していた「田中マラソン」の今年の大会が本日行われたようです。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52202460.html


人口4万人の町に、1万人の参加者が集まった、台湾で最も人情味のあるマラソン大会。

沿線での心温まる応援に加え、何といっても道端で提供される色んな食べ物を食べながら走る、まるで台湾の夜市のようなマラソン大会です。

一度機会がわれば私も食べに行きたいですね。あっ、マラソン大会でしたっけ?


 



以上、民視でした。

台湾の人気バンド「五月天」は、今は北米のコンサートツアー中のようです。

11/8にカナダのバンクーバー、11/10にアメリカのサンホセで公演し、18日間で北米の7都市で公演する予定だそうです。

それでは動画をご覧ください。


 


以上、中華電視でした。

偶々見つけた動画をご紹介します。

イギリス人が日本語と中国語で、日本と台湾の違いを指摘します。西洋人の中国語は何度も聞いたことありますが、彼の中国語はその中でも「かなり上手なレベル」にあり驚きました。

これを見ていて、ふと「ラズロ氏」の事を思い出した。もう30年近く前の話になりますが、台北のユースホステルのドミトリーで生活していた時、日本語がペラペラのラズロ氏も同じ部屋で寝泊まりしていた。その後、彼は日本人と結婚し、奥さんが書いた「ダーリンは外国人」のシリーズで一躍有名になる。

おっと、脱線しましたが、今回の内容は私の翻訳は必要ないものなので、それでは動画をご覧ください。

 


おおおっ、「林志玲」と「言承旭」の話題だ。

林志玲」は今マレーシアで仕事をしているらしいのですが、マレーシアのマスコミの報道によると何と彼女と同じホテルに「言承旭」も宿泊しているらしい。あらら、この二人には「世紀大復合(世紀の大復縁)」の噂がありますが、それって本当なの?


この二人の噂は滅茶苦茶長いので、2005年から始めたこのブログでも話題を散々取り上げてきました。ブログを始めた頃には、林志玲が中国で撮影中に馬から落馬して大けがをして、特別待遇で空輸されて台湾大学病院に入院しましたが、「言承旭」がコッソリとお見舞いに来たとか来ていないとかの記事を翻訳したことを今でも記憶しています。

それとか、「言承旭」ではなくて、もの凄いお金持ちのボンボンと結婚するんだという噂もありました。

http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/51521537.html


ま、いずれにしても、かなり長い時間が過ぎたので、もう良いでしょう。相変わらずの「噂」にケリをつけて、結論出してはどうでしょうか。



 

日本のテレビ番組で、「2泊3日の台湾旅行のツアーが17,800円~である」と宣伝されているという話題が台湾に伝わると、ネット上では「台湾政府が補助しているのに違いない」という噂が広まりました。

台湾のメディアが、街燈で日本人観光客にインタビューを試みましたが、観光客からは「そんな補助はありません」という回答でした。

ニュースの解説によると、政府の補助は基本的にはなくて、噂は事実ではない。但し、観光団が文化的な旧跡を訪問したり、文化的なショーを鑑賞した場合に、観光局から400元/人の補助が出される規定はあるそうです。


 



以上、三立新聞でした。


台鉄の2018年のカレンダーの話題を今朝ご紹介したばかりですが、動画ニュースもありましたのでご紹介します。台北駅、松山駅、高雄駅、台中駅で限定600部で販売されるそうです。

今回の特徴として撮影地点の経度と緯度の情報も公開されていると前の報道で書かれてありましたが、今回の動画では、その部分がバッチリと映ってますねえ。

 


以上、中華電視でした。

WS001083


AKB48の「指原莉乃」「柏木由紀」「峯岸南」の3名は、「AKB48 Group Fan Meeting in TAIWAN」のイベントで訪台しました。

3人とも台湾には詳しいです。

柏木由紀は台湾で撮影した写真集を出したり個人の握手会もしています。
指原莉乃は、コンサートでも「台灣粉絲(台湾のファン)」の情熱的な応援が印象的とコメント。
峯岸南は前回バラエティ番組の撮影で台湾に来て、鶏の足とか臭豆腐のような奇妙な食べ物も食べました。今回の握手会では、指原莉奈が特に柏木由紀と峯岸南を誘って台湾にやってきました。


記事を翻訳するだけだと、私の翻訳がヘタなのか、少しも面白くないですねえ。ネットで動画を探してきましたので、お口直しにご覧ください。









 


台湾では交際している男女の、男性が初めて女性の両親に会う時には、接待をして誠意を示すことが一般的だそうです。これに関連するネットの書き込みを今回ご紹介します。


WS001082


彼女の両親は日本料理が好きだと聞いていたので、一人5000元(約2万円)の台北の寿司屋で4人で食べようと思っていたんだ、

WS001081

ところが、彼女は11人も連れて来て、本人を合わせると13人になってしまった。私は4席しか予約していないのに。彼女は更に私にお店に席があるか聞いて来いと言う。
正直言って、彼女のお兄さんの彼女やお姉さんや妹の彼氏を招待したつもりはないだけど。
何をやってんだか。彼女は私に計算高いヤツなんてとも言う。
6.5万元(約24万円)は私が支払った。全家把我當盤子(一家全員で私をカモにした)。
明日からは、もう連絡しない。


いやはや、この手の台湾人の北京語の文章は、たまに台湾語を北京語に置き換えた表現も使うので、外国人には難しい・・・・



投稿に対して書き込まれたコメントは、


「我是你女朋友的朋友的朋友的朋友…我也可以吃嗎(私は貴方の彼女の友人の友人の友人…私も食べていいですか?)」

「不能妥協啊,發現人數超過太多時,就要討論怎麼分攤,不該直接付了(妥協しちゃ駄目ですよ。人数が多すぎるのが分かった時点でどのように分担するのか話すべき。直接払うべきではない。)」

「這種不該出的錢千萬別出啊!免得到時候你的錢全部被你女友坑走(この種の払うべきではないお金は、決して払ってはダメ。さもないと、そのうちに貴方のお金は全て彼女に持ち去られますよ)」

「兄弟姐妹沒主動說要付嗎(兄弟たちは自分から積極的に払おうとしなかったの?)」。

「你帶我去吃65的路邊攤就好,傻傻的 (貴方は私を65の道端の屋台に連れて行ってくれるだけで良い。バカみたいなヤツ)」 65の屋台って意味不明・・・

「我家沒那麼多親戚,你可以考慮我(私の家にはそんな多くの親戚はいない。貴方は私を彼女にしても大丈夫)」

「我說4個人就真的是4個人喔,而且一般的壽司店就可以了(私なら4人と言えば本当に4人です。更に一般的な寿司で良いですよ)」



今日から販売される台鉄の来年のカレンダーには25枚の写真が収録されていますが、今回は初めて撮影地点の経緯・緯度の情報も記載されており、読者が撮影場所を訪ねる旅を楽しむことも可能となっています。

WS001079

WS001078



ネット上で、「美少年」として人気の兄弟が、実は日本人で何故か台湾に住んでいるというニュースを先日ご紹介しておりました。

 http://higashi2005.dreamlog.jp/archives/52202772.html


今日は何とその兄弟が台湾の番組に登場していたのでご紹介します。年代新聞の独占取材です。

お兄ちゃんは14歳で名前は「英亞」で台湾の中学に通う。
弟は12歳で名前は「英蘭」で台湾の小学校に通う。


番組の解説によると、お父さんもお母さんも日本人らしいですが、相変わらず、それ以外の背景は一切不明です。やはり「何で台湾に住んでいるのかなあ」という素朴な疑問は解けませんでした・・・・






台湾は家が前の歩道に張り出してアーケードのようになる「騎樓(チィロウ)」があちこちに見られます。南国の強い日差しや突然の雨を避けれて便利なものですが、今回のニュースは自宅の前の「騎樓(チィロウ)」に自家用車を停めていたら、知らないうちに誰かに違法駐車として写真を撮られ警察に告発され、警察から合計で23枚もの違反切符が届いて驚いたというものです。罰金額は2万元(約7.5万円)くらいになりそうです。



家の家主曰く、「この家に住んで10数年になるが、こんな事は初めてです。自家用車を、自分の家の騎樓に停めるのは当然の事と考えているが、それが告発されるなんて。これからは自宅の前に車を停める度に心がドキドキして精神衛生が悪い。」

反則キップを発行した警察の解説によると、「騎樓の所有権は個人であっても、その使用権は公共のものであり、家主が勝手に使う事は許されていないので、誰かから告発があれば、その真否を確認し、正確なものであれば、法に従って反則キップを発行する」との事です。

WS001076


この話題には非常に驚きました。

普通「騎樓」と言えば、例えば飯屋であれば、そこにテーブルを置いてお客さんが食事していたり、厨房と化して料理をしていたりと、家主の権利とばかり我がもの顔で占拠しているのが普通ですからね。「勝手に駐車するな」みたいな看板でブロックして、家主が自分の駐車スペースを確保するのも一般的に見られる現象です。

厳密に言えば、実はあれは全て違法だったという事なんです。これって怖いですよね。「騎樓」に停めるなんて台湾中で普通に行われている行為ですが、何かの拍子で誰かに恨まれて、こっそり写真を撮られて警察に送られたら罰金だなんて、社会全体が相互不信に陥りそうです。


以下の東森新聞は、上のTVBS新聞と同じ話題を取り上げていますが、一つ面白い観点もありましたのでご紹介しておきます。

家の前に駐車する際には、盗撮から身を守る為に、車のナンバープレートの一部を隠して駐車する人もいるようです。

WS001077










えらい豪華な「うどん」のニュースがありましたのご紹介します。

何といっても目玉はボストンクラブ。丸ごと一匹がドーンと乗っています。麺は日本から輸入された讃岐うどん。その他、鮭、かまぼこ、蟹カマ、ワカメが入ってます。

この手の番組で、何時もハラハラする理由は、「豪華なのはわかるが一体幾らするねん?」との内なる叫びです。今回は最後の方で値段も公開されていました。

599元(約2300円)でした。もちろん滅茶高いですが、出せない額でもなく、話のタネに一度くらいは食べても良いかもね。ちなみに、この豪華版は1カ月に60食は売れているそうです。

WS001075


それでは動画もご覧ください。

 


以上、三立新聞でした。

台灣人到底有多愛吃拉麵?(台湾人は一体どれだけラーメンが好きなんだろうか?)

ある調査によると、日本に旅行する台湾人観光客の7割は、本場の日本でラーメンを食べるそうです。当然ながら台湾におけるラーメン市場も拡大しており、年間300億元の商機が見込まれています。従って、台湾にお店を出す日本のラーメン店も急増しており、昨年だけで29店が開店したそうです。

WS001073

台湾市場に進出したラーメンは、それぞれの特徴あるスープでも競っており、成功の秘訣の一つとしてスープの味と濃淡が関係しているそうです。


WS001074


それでは動画もご覧ください。


 


以上、民視新聞でした。


彰化にあるチェーン店の火鍋屋で発生したプロパンガスの事故の、火炎が上がる様子の録画映像は非常に衝撃的でした。昨日から多くのニュースが報道しており何度も見ていましたが、東森新聞のものは更に詳細でした。

事故の原因は、16歳のアルバイト学生がプロパンガスのボンベを交換する際に、ボンベのバルブを閉めずにホースを外して交換しようとした為に、中のガスが漏れ出しました。ホースを直ぐに接続できれば問題なかったのですが、それが上手くいかずモタモタしている間に引火してガス爆発し、7名が火傷しました。


映像を良く見ると、ガスが漏れているのに気がついた付近の顧客が慌てて逃げ出す様子が映されていました。そして逃げ遅れた隣の家族は爆発した凄い火炎に包まれます。3歳の女の子を抱え上げるお父さんの姿もありました。

事故発生後にチェーン店の本社の責任者には連絡が取れず「神隠」だそうです。

詳細はわかりませんが、このお店は色々と問題がありそうです。営業許可が既に切れて廃業しているはずの店が、今でも営業しており税金逃れの疑いがあります。またアルバイト学生の労災に加入していなかったりもあるようです。


 



以上、東森新聞でした。


私は習近平がトランプ大統領を招く国宴のメニューに興味津々でしたが、ついに内容が明らかになりましたのでご報告致します。

中国の携帯電話で有名な「小米科技」の董事長も宴会に招かれており、彼がネット上にアップしたことから内容が判明しました。以下の写真は最初に出される「冷菜」と今回のコースメニュー。お皿には中国の国章の図柄が入っているのですね。少しダサいけど・・・


WS001072


主菜は以下の6品。何せアメリカ大統領を接待するわけですから、金に糸目をつけないはずですが、このメニューは全然豪華中華には見えません。

もちろん使っている素材は最高級品なのでしょうけれど、この料理内容は我々庶民が食べる宴会料理と変わりません。というか我々の方が、よっぽど一見豪華に見える料理を食べたりもする。フカヒレも北京ダックも食べる。 

③宮保雞丁や、④番茄牛肉なんて、裏通りの飯屋でも出てくる庶民派メニューなので驚きました。日本の餃子の王将でも出てきそう・・・・・


それと主菜6品のうち、半分の3品が四川料理であり、えらく偏ったセレクションです。
スープにしても写真を見る限り、単なる卵スープですねえ。


① 為椰香雞豆花

中国の国宴の名物料理。鶏肉を包丁で丁寧にミンチにして、ココナッツと混ぜると、豆花(おぼろ豆腐)のようなフワフワのものになるらしい。四川料理。

WS001064

② 奶汁焗海鮮

これは西洋料理の手法をミックスしたもの。奶汁なので、ミルクを使用したソースで海鮮をオーブンで焼いたもの。

WS001067


③ 宮保雞丁

これはサイコロ切りされた鶏肉とピーナツを、唐辛子と炒めた典型的な四川料理。

WS001065


④ 番茄牛肉

これはトマトと牛肉を炒めた庶民派の料理。北京料理の一種とも言われるが、中国全土にありそう。

WS001068



⑤ 上湯鮮蔬

野菜のスープ。ええええ、フカヒレくらい入っていないの???

WS001069


⑥ 水煮東星斑

「水煮」って、日本の水煮とは全く違って、唐辛子満載の地獄池のようなもので煮た四川料理。辛いので有名な四川料理の中でも、一番辛い部類であり、辛いというより口が痛くなる強烈な調理法。

「水煮牛肉」のように「肉」が使われることも多いですが、今回は「東星斑」ですから、ハタのような高級魚を使っているようです。


WS001066



次にお酒。習近平が乾杯の音頭で掲げているのは白ワイン。トランプの手を見ると赤ワイン。

ワインは中国産の、2011年の「長城干白(白ワイン)」、2009年「長城干紅(赤ワイン)」です。


「長城(Great Wall)」ワインって、私が中国で留学していた80年代後半に良く飲んだワインでした。当時の中国ワインは、いわゆる赤玉ポートワインのような甘いものばかりで、甘くない「長城(Great Wall)」は稀有の存在でした。

まあ、アメリカ大統領に飲ませるわけですから、とっておきのものを出しているのでしょうけれど、ブランド自体は滅茶苦茶庶民的なワインです。


それでは動画もご覧ください。





以上、中天新聞でした。